Home > 映画 > ジャーヘッド

ジャーヘッド

  • 2006-04-07 (金) 17:44
  • 映画

ネタばれ記事ですよ。

今年見た映画2本目。
自分はドンパチ系のアクション映画とか戦争映画を好む人間だんだけど、
ジャーヘッド(米国の海兵隊)」はちょっと違ってた。
リンク先の解説読めば分かる事なんだけど、時代背景は第1次イラク戦争。
そこに投入された海兵隊員たちの入隊から除隊、または死までを描いた作品。
この映画見て初めて知ったのは、ニュースで見る攻撃映像なんかは
ほとんど海軍の仕事で、海兵隊は映像に映らない活動をしているって事が分かった。
今はどうなのか知らないけど。

戦場に行ってもやる事がなくて百何日もベースで待って、
やっと動きだしてみれば行くとこ行くとこ焼けこげた死骸ばかり。
石油の雨は降ってくるわ撃つ相手もいないわ、
いつまで経っても母国で待つ恋人や家族にも会えないし、どんどんストレスが溜まる。
やっと狙撃任務を命じられたのに突然中止されてベースに帰ってみれば終戦してる。
国に帰ったらほとんどの兵士は一般人に戻って、入隊以前の生活に戻る。
戦争は良くないんだろうけど、行っても何もする事がない海兵隊は何となく惨めだった。

海兵隊員の気持ちが分かる(分かった気になった?)作品。
砂漠から炎は出てるし、中東に行って撮影したのかな。
エンドロールの音楽が「ブラックホークダウン」っぽかった。

Home > 映画 > ジャーヘッド

Feeds

Return to page top